エステ感覚でプチ整形

プチ整形という言葉を聞くようになったのは10年くらい前からで、メスを使わずに比較的安価で腫れや傷もほぼなく気軽にできる整形として人気を集めています。

クリニックによっては「エステ感覚」

と謳っているところもあり、エステの延長というイメージを持っている人も多くいます。

確かにアンチエイジングや美しくなるという目的では同じなのですが、プチ整形は医療行為の一環で、エステはあくまでリラクゼーションなどの1つになります。

なので、プチ整形は医師免許を持った医師で、エステは基本的には医師免許のないエステティシャンが行います。

ややこしいのですが、最近ではメディカルエステというものがあり、これを行うのは医師で、通常のエステより高い効果を期待できるといいます。

美しくなりたいという目的で行うのは共通しますが、あくまで違うものなのです。

「エステ感覚」

と謳っているのはエステに行くように気軽に行えるという意味と言えるでしょう。

最近では美の追求は進んでおり、エステはもちろんメディカルエステ、美容皮膚科、美容整形やプチ整形といろいろな方法があります。

美しくなるためや若さを保つために行うという目的としては同じですが、根本的な点や手法は異なります。

まずは先述したものでエステ以外は医師免許を持った医師が行う医療行為になります。

その中でも美容整形やプチ整形はメスや注射などを使う手術というものになり、皮膚を切ったり縫うなどといった外科的な要素があります。

またメディカルエステや美容皮膚科はシミやシワなどの皮膚の老化を改善するという医療行為になります。

最近では「エステ感覚でプチ整形」

と謳っているクリニックもありますが、これはあくまでエステに行くくらいの気軽さで受けられる美容整形手術と言う意味なのです。

通常の美容整形手術に抵抗がある方でも、メスを使わず注射などで行うプチ整形となると抵抗がなくやろうと決めることができるという人が多いと言います。

その名の通り「少しだけの整形」

ですので、明らかに大変身したとかはなく周りにあからさまに気づかれることもないという点でも人気を集めています。