プチ整形ってどれくらい持つの?

美容整形は、10年ほど前に登場したプチ整形の影響で身近なものになり、エステに行くような感覚の手軽さで人気を集めています。

プチ整形の定義として基本的にはメスを使わないで注射などだけで行う手術で、術後の傷痕や腫れもほとんどなく所要時間も短く日帰り可能というものです。

切ったり縫ったりという事をしない分、自身の希望で戻す事もできるのですが、プチ整形のデメリットとして個人差はありますが一定期間しか効果が持たず、自然に元に戻ってきてしまいます。

特に人気なのが、二重まぶたにする整形ですが、これは一番有名な方法だと、細い糸でまぶたを固定して二重にするという埋没法です。

しっかりと糸で繋いで固定されてそうですが、早いと3ヶ月程度で元に戻ってしまう事もあるようです。

そういった経緯から1年保証期間を設けているクリニックも多いようです。

普段の生活の中で長持ちさせる方法など、事前にしっかりと医師に確認しましょう。

それだけでなく医師の技術によっても持つ期間は変わってきますので、評判や口コミなどをしっかりと確認して信頼できる医師のいるクリニックを選ぶようにしましょう。

メスを使わず注射などで体への負担も少ないプチ整形。

エステ感覚と言われるほど人気ですが、デメリットとしては、永久的な効果はないという事です。

早いと数か月から長いと10年くらいの持ちで、それには個人差もありますが、もっと重要なのは技術です。

つまり長く持ちかどうかは医師の腕次第と言っても過言ではありません。

切ったり縫ったりしないプチ整形はリスクが少ない整形方法ですので、気軽に受ける方はいらっしゃいます。

たしかに通常の美容整形手術に比べたらリスクは少ないのですが、同じ手法であっても施術を行う医師の腕によって変わってきてしまいます。

プチ整形は人気で悪い言い方をすれば病院としては儲け放題とも言えますので、知識不足や技術不足の質の悪い医師も一部いるのが現実です。

それだと自身の理想通りになりませんし、効果の持続期間も短くなってしまう可能性もあります。

信頼できる医師なのかをしっかりと調べることが必要です。

また、必ずカウンセリングがあるはずですので、その時にどの医師が施術をしてくれるのかを確認し、複数のクリニックのカウンセリングを受けてから決めるというのが一番いいと言えます。