プチ整形とは?

プチ整形とは医療行為の一環である美容整形手術の事ですが、メスを使わず腫れや傷も最小限で体への負担も少ない美容整形手術の事を言います。

二重まぶたにしたりリフトアップやシワ取りなどのアンチエイジング目的で行う方が多いです。

さて、美容整形は医療行為と言うのであれば、健康保険が使えるのでは?

と思う方もいらしゃるのではないでしょうか?

確かに健康保険適用であればもっと金額を抑えることができますよね。

ですが、ほとんどの美容整形では健康保険は適用されません。

医療行為ですが美容整形は自由診療に該当するため、全額自己負担なのです。

そのため、各クリニックで価格設定は自由に決められるため、値段があってないようなものなので、プチ整形をお考えならいくつかのクリニックで相談して慎重に選ぶようにしましょう。

プチ整形ではほぼないと言っても過言ではありませんが、美容整形でも生活に支障が出るような機能的な異常が認められる場合であれば健康保険が適用されることもあります。

プチ整形とはメスを使わず行える美容整形手術で、もし気に入らなければもとに戻すことも可能な手法です。

入院は必要なく日帰り可能で、所要時間も短く腫れや傷が最小限で、もし多少あっても翌日には引いてしまうくらい術後が楽で安全性が高いということで身近になりました。

プチ整形という言葉が使われるようになったものまだここ10年程です。

よくある簡単なものですと、ヒアルロン酸やボトックス注射でしわやたるみを目立たなくさせるアンチエイジング対策やパッチリとした二重まぶたにしたり鼻を高くしたりなどが挙げられます。

価格も比較的安価でいいことづくめのように見えますが、この効果は永久的ではないという事だけは知っておきましょう。

若々しく綺麗な状態を保つ時は定期的に手術を行わなくてはいけません。

二重まぶたの場合でも時間が経てば元に戻ってしまう可能性が高く、いずれの場合も持ちは人によって大きく変わってきます。

一般的に1年の保証期間をつけているクリニックが多いです。

プチ整形は手軽に行えますが、維持するためには定期的なメンテナンスが必要になってきます。