プチ整形のメリットとデメリット

10年ほど前に言われるようになり、今では定番になったプチ整形。

当然いい点もあれば注意すべき点もあります。

まずはメリットとして1番に挙げられるのが、メスや麻酔を使用しないので安全性が高いという点です。

それに伴い手術時間は短時間で済むという気軽さ、そして術後は腫れや傷などが極めて少なく痕が残りません。

また元に戻すことも可能で、美容整形手術よりも安価で受けることができます。

逆にデメリットとしては、あくまでプチ整形ですので、その名の通り少し整形するだけなので効果が分かりづらいという点。

また、効果は永久的ではなく個人差はありますがある程度の期間が経過すると手術前の状態に戻ってしまいます。

そのため安価とはいえ、キープするためには定期的なメンテナンスが必要なため、総合すると費用がかさんでしまいます。

また、メスを使用しないので安全性は高いですが、失敗するリスクがないとは言い切れません。

事前に口コミや評判などを確認し信頼できるクリニックを選ぶようにしましょう。

仕上がりは医師の手にかかっています。

しっかりとカウンセリングや話し合いで納得した上で決めるようにしましょう。

通常の美容整形手術の場合は入院が必要な場合もありますが、プチ整形は基本的に日帰り手術になります。

プチ整形はメスを使わずに注射などでの処置なので、体にも負担がなく手術後の腫れや傷が最小限で済むからです。

そして通常の整形手術に比べて安価な場合が多く、所要時間も短く、注射だけの場合だと5分程度で終わる場合もありますので、仕事帰りやちょっとした空き時間に通院する感覚で受けることができます。

その一方これだけ気軽な分、一定期間しかキープできないというデメリットがプチ整形にはあります。

なのでずっと持続させたいのであれば定期的に手術を受ける必要があり、安価とはいえ回数が増えると費用はかさんできます。

また、仕上がりや持ちも医師によって変わってきます。

評判や口コミをしっかりと確認し、値段だけで決めるのではなくしっかりとカウンセリングを受けてから決めるようにしましょう。